脳漿炸裂ガールが柏木(エビ中)主演で映画化!あらすじや脳漿って?

スポンサードリンク

どうもこんにちは。

あなたは脳漿炸裂ガール(のうしょうさくれつ)を知っていますか?

今日は2015年7月25日に映画が公開される「脳漿(のうしょう)炸裂ガール」

脳漿炸裂ガール映画

脳漿って普段使わない言葉ですが、脳漿って何なのと思ったので調べてみました。

 

脳漿炸裂ガールとは

もともと「脳漿炸裂ガール」とは、2012年10月19日に「れるりり」という方が投稿したボーカロイドの曲です。

脳漿炸裂ガール

オリジナルの歌は初音ミク・GUMIが担当しています。

ニコニコ動画では関連動画を含めて4000万回以上再生されているネ申曲です。

まだ原曲の動画を見ていない人はこちらからチェックしてください。

「脳漿炸裂ガール」

この曲の歌詞について「れるりり」さんは特に意味はなかったとコメントしています。

音に言葉を適当に合わせたみたいです。

 

そして、この動画が広まって「踊ってみた」動画や小説化など様々な広がりを見せています。

 

 

脳漿炸裂ガールの脳漿って何?

タイトルに含まれる脳漿(のうしょう)って何?とあなたも思ったかもしれないので調べてみました。

脳漿とは「脳などを満たしている液。脳脊髄液。」のことです。

脳みそ

そこから転じて頭脳や脳ミソという意味で使われることもあるそうです。

スポンサードリンク

 

脳漿炸裂ガールのあらすじ

さて映画化ということなんですが、もとは音楽だった脳漿炸裂ガール。

ストーリーはどうなっているのかということで確認しましょう。

脳漿炸裂ガールは映画化の前に小説化していますので、ストーリーはそちらの流れに近いものになっています。

 

お嬢様学校である聖アルテミス女学院に通っていた主人公(市位ハナ)

ある日、目を覚ますとクラスメイトと檻の中に入れられてしまっていた。

クラスメートたちと共に生き残りを懸け、携帯電話を使用したサバイバルゲーム「黄金卵の就職活動(ジョブハンティングゲーム)」に参加することに。

その実態は 生き残った一名だけが真の卵として大人の仲間入りができる というものだった。

負ければ脳漿炸裂のデスゲームの結末はいかに・・・!

 

デスノートやライアーゲームとかが好きな人は気になる内容ですね。

デスノートの弥海砂(ミサ)役は佐野ひな子か戸田恵梨香がいいか

 

出演者たちはこちらです。

市位ハナ:柏木ひなた(私立恵比寿中学)

柏木ひなた

 

稲沢はな:竹富聖花

竹富聖花2

 

瀬繹マイカ:上白石萌歌

味田レイコ:志田友美(夢みるアドレセンス)

久保賀大治:荒井敦史

古寺正義:菅谷哲也

田篠珠雲:浅香航大

 

竹富聖花さんは「暗殺教室」の映画にも出演されています。

竹富聖花(キリンのCM)が新垣結衣に似てかわいい!出身や性格は?

さて公開が楽しみな映画ですが、小説版では映画版とは違って名前のゲームをしているので、気になる人は両方チェックしてみてください。

 

今回は脳漿炸裂ガールの映画について書いてきましたいかがだったでしょうか?

どうでもいいけどマカロン食べたーい。

では、また。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 戸松遥
  2. 吉岡茉祐
  3. i☆Ris
  4. ミサミサ
  5. 内田真礼
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

関西在住のアラサーです。

普段見たり聞いたりしたことを、
ちょっと調べて書いていきたいと思います。

記事は不定期で更新するので
気長にお付き合いください。