節分(2月3日)の意味と豆まきの由来や恵方巻・柊いわしなど節分の食べ物

スポンサードリンク

 みなさんこんにちは。

2月3日といえば節分で豆まきですよね。

でも、なんで豆をまくのか疑問に思ったことはありませんか。

また節分と関係のある食べ物は豆以外にも恵方巻や柊(ひいらぎ)いわしがあります。

恵方巻は有名かもしれませんが、柊いわしはご存知でしょうか?

今回はそんな節分の意味や節分にまつわる食べ物などについて書いてみました。

豆まき

 

節分の意味について

まず豆まきは2月3日の「節分(せつぶん)」の日に行われますよね。

この節分の意味はご存知でしょうか?

節分とはもともと「季節を分ける」ということから、

立春・立夏・立秋・立冬それぞれの前日をさす言葉でした。

ということは年に4回あったということです。

その中でも立春は元日から見て1年の最初に来る節分のため

特に意識され、

節分といえば立春の前日のことということとなりました。

これはなんだか古文で「花」といえば「サクラ」のこと、

というものと通じるところがありますね。

節分の豆まきの由来について

さてこの節分の日ですが、

平安時代、厄や災難を祓い清めるための行事が行われていました。

それが室町時代以降には悪い鬼を退治するために豆をまくという

現在の行事へと発展していきました。

では、なぜ豆なのか

これは、「魔滅」(まめ)からきているようです。

鬼

悪いものを滅ぼすというギャクなんですね。

これはなんだかお節料理の由来みたいですね。

・「まめに働けますように」ということで黒豆

・「よろこんぶ」で昆布。

・数の子はニシンの子供「二人の親から多くの子供が生まれるように」という意味

などなど

昔の人はおやじギャグがお好きなようで。

 スポンサードリンク

節分に食べる恵方巻とは

 節分の日に食べるものとして有名なのは恵方巻ですね。

とはいううものの恵方巻は大阪中心の文化ということで

恵方巻をご存知ない方もいらっしゃることと思います。

下の写真が恵方巻です。

恵方巻

  このような太巻きのお寿司です。

この恵方巻をその年の恵方と呼ばれる縁起のいいとされる方角を

向きながら食べるのが習わしです。

ちなみに2015年の恵方は西南西です。

節分に準備する柊(ひいらぎ)いわしとは

また節分に関する食べ物で柊いわしというものがあります。

柊鰯とはこのようなものです。

ひいらぎいわし

 このように塩焼きにしたいわしを柊に差して家の門に置きます。

柊の葉にある棘が鬼の目を刺すということと

鰯を塩焼きにするときの臭気と煙を鬼が嫌がると言うことから来た習わしです。

 

今年の豆まきは・・・

というわけで、節分の風習をまとめてきましたが、いかがでしょうか?

しっかりと学んだあなたは、

今年はお父さん鬼に豆をぶつけるだけじゃなく、

柊のとげでチクチクしながら、魚を焼くときの煙を鬼めがけてパタパタ仰ぎながら

鬼退治をしてはいかがでしょうか?

他の行事の記事もどうぞ。

スーパームーンに恋の願い事!2015年はいつで和名は?人体に影響は?

 

 

スポンサードリンク

関連記事

  1. スーパームーン
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

関西在住のアラサーです。

普段見たり聞いたりしたことを、
ちょっと調べて書いていきたいと思います。

記事は不定期で更新するので
気長にお付き合いください。