役満一覧と出現確率はどれくらい?意味や上がりやすいねらい目も!

スポンサードリンク

どうもこんにちは。

あなたは麻雀が好きですか?

麻雀が好きなら狙いたくなるのが役満ですよね。

役満

今回は、役満という言葉の意味や役満が出現する確率などを説明していきたいと思います。

 

役満の意味とは?

まず役満という言葉ですが、実は省略された言葉と知っていますか?

正確には役満貫(やくまんがん)が正しい言葉です。

また麻雀の点数の計算上、青天井にならないように

上限はここまでという意味でつくられたルールですね。

まあそんなことはいいとして、

確率が大事ですよね。

スポンサードリンク

 

役満の種類と出現確率

麻雀

役満はローカルルールをのぞけば一般的に次の種類があります。

「国士無双 」

「四暗刻」

「大三元」

「四喜和(大四喜・小四喜)」

「字一色」

「緑一色」

「清老頭」

「九蓮宝燈」

「四槓子」

「天和」

「地和」

「数え役満」

 

これらと普通の役の出現確率はどれくらいなのか?

ネット麻雀のデータでおよその出現確率を見てみましょう。

麻雀役出現確率

やはり役満は点数が高いだけあって出現確率は低いですね。

あなたの実感と役の出現確率の表はいかがですか?

ちゅうれんぽうとう

みんな役満には憧れますが、出現確率からみると

イーペイくらいまでをまず狙っていけばよさそうですね。

 

役満のねらい目

とはいうもののやっぱり狙いたいのが役満。

狙うとしたら確率から見て

「国士無双」「四暗刻」「大三元」

国士無双

この3つですよね。

結局よく麻雀をする人にとっては当たり前の3つですよね。

 

さて今回は役満についてサクッと書きました。

また他のネタでも書いてみようかと思います。

今回はこれで失礼します。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 婚活
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

関西在住のアラサーです。

普段見たり聞いたりしたことを、
ちょっと調べて書いていきたいと思います。

記事は不定期で更新するので
気長にお付き合いください。