ぎょうざを羽根つきでパリパリに焼く方法!たれは絶対みそダレで!

スポンサードリンク

みなさんこんにちは。

みなさんは、餃子が好きですか?

私は大好きです。特に羽根つきの餃子が好きですが、

お店で見かけるぎょうざの羽根!

あれはどうやってつくるか知っていますか?

ということで今回は 羽根つきの餃子の作り方や

おいしく焼くコツなどを紹介していきます

羽根餃子

 

ぎょうざの羽根の作り方

餃子の羽根の作り方は、シンプルです。

水溶き片栗粉(または小麦粉) を使います。

分量の目安は

水1/2カップに片栗粉を小さじ2くらいです。

麻婆豆腐にとろみをつけるときもそうですが

このとき片栗粉がダマにならないように

しっかりと混ぜておきましょう。

これを普段入れている水の代わりに入れるだけです。

ただし、火加減などにより水が飛びきらずに

パリッといかないこともありますので、

自宅のキッチンに合わせて調整してください。

ぎょうざをパリッと焼く方法

さて水溶き片栗粉で羽根が作れるとしても、

餃子をパリッと焼くのは難しいものです。

そこで餃子をパリッと焼くコツ を紹介しておきます。

①まずは餃子を並べて火をつけます

②焼き目が付いたら、水ではなく

お湯(水溶き片栗粉)を入れます!!

餃子焼き方

水ではなくてお湯にしてください。

③ふたをしたら強火で3分くらい焼きます。

④水分が飛んだらフタを取って、

餃子の周りに小さじ1くらいのごま油を入れます。

⑤そこからさらに2~3分焼きます。

後はお皿に移して完成です。

スポンサードリンク

ぎょうざのオススメのたれ

さて餃子ができたらみなさんはタレにつけて食べられると思います。

そのときのタレの多くは醤油と酢を混ぜたものだと思います。

ただしここではその他のオススメのタレも紹介します。

それは みそダレ です。

餃子のみそダレ

聞いたところによると餃子にみそダレをつけて食べるのは

神戸が発祥らしいです。

兵庫県民の私は全国的に普通なのかと思っていましたが、

全国的にはまだまだないみたいですね。

みそダレは簡単で、とってもおいしいので

ぜひ一度試してみてください。

●みそダレ●

レシピ

みそ 大さじ1

砂糖 大さじ1

みりん 大さじ1

ゴマ 少々

作り方は簡単です。

みそ、砂糖、みりんを温めながら混ぜます。

混ざったらすったゴマをかけるだけ。

これでいつもとは違うゴマだれの完成です。

 

さて今回は羽根つき餃子を紹介してきました。

合わせてオススメのみそダレも紹介しましたがいかがでしょうか?

どちらも簡単にできるので

ちょっといつもとは違う餃子が食べたくなったら

ぜひ挑戦してみてください。

スポンサードリンク

関連記事

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

関西在住のアラサーです。

普段見たり聞いたりしたことを、
ちょっと調べて書いていきたいと思います。

記事は不定期で更新するので
気長にお付き合いください。