SPI試験の時間や電卓は使えるか?わかりやすい無料解説動画も紹介!

スポンサードリンク

毎年繰り広げられる就職活動。

この記事を読んでいるのは就職活動を控えた学生さんでしょうか?

今回は大手企業に採用される第一関門である

SPI試験について解説していきます。

SPI試験とは

まず就職活動といえばESと呼ばれる

エントリーシートを書くことから始まることが多いです。

エントリーシートを言い換えると面接の前に提出する

企業ごとの履歴書のようなもの。

それと合わせて一次選考で使われるのが各社共通で行われる

SPI試験です。

似ているのは大学のセンター試験ですね

多くの大学が入試で使用しますが、使っていない大学も多いですよ。

そこは企業も同じ多くの企業が使用しますが

小規模な企業だとSPI試験など行わず、独自の入社試験をしています。

ということであくまでもそこそこの規模があるところから

大企業が中心になります。

内容は算数的な分野国語的な分野にわかれます。

SPI試験の時間や電卓は使えるか

SPI試験の時間は一時間程度ですが試験の型によって違うので

一概には言えません。

必ずエントリーする企業で試験時間を確認してください。

さらに電卓の使用について聞く学生が多いようですが

基本は使用できません。

なので、しっかりと計算の復習をしておいてくださいね。

さらに時間について注意点ですが、

この試験をテストセンターというところの

パソコンで受験した場合は、普通の試験と違って

一度先に進んだら前の問題には戻れません。

なんとそれまでの問題の正答率で次の問題の難易度が変わるからです。

絶対に注意しておいてくださいね。

さらにいうとこの仕組みのせいで

全員がそこそこできてほどよくできなかった感を感じます。

できるかできないかは予めテストの問題で練習して

自分の実力を知っていおいてくださいね。

SPI試験のわかりやすい解説動画紹介

さて、テストに関してテストである限りは対策ができます。

例えばSPI試験の書籍は色々とあります。

SPI試験

さらに解説の動画も色々な方が無料で公開してくれていたりします。

そこで私が見ていてわかりやすかった無料の動画を

1つ紹介しておきます。

スポンサードリンク

こちらの動画です。

今はYouTubeで色んな人が親切に解説してくれているので

他の就活講座についてもぜひ検索してみてください。

色々と情報が集まりますよ。

 

 

ということで今回は就職活動の第一関門になる

SPI試験について書いてきましたがいかがだったでしょうか?

今年就職活動をしている学生も来年挑戦する学生も

みなさんにとって最適の職場が見つかることを応援しています。

がんばってください。

では。

スポンサードリンク

関連記事

  1. スピードラーニング
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

関西在住のアラサーです。

普段見たり聞いたりしたことを、
ちょっと調べて書いていきたいと思います。

記事は不定期で更新するので
気長にお付き合いください。