土星の衛星(エンケラドス)に地球外生命体がいるかも!位置や大きさは?

スポンサードリンク

みなさんこんにちは。

みなさんは宇宙人の存在を信じていますか?

昔から人は宇宙に生命が存在することを夢見て調査を進めてきました。

そして 2015年に土星の衛星に生命が存在する可能性が高まったという調査結果が発表 されました。

今回はその内容を紹介していきます。

土星

 

土星の衛星

まず衛星とは何か確認しておきます。

土星や地球などの太陽の周りを周っている星を惑星と言います。

さらにその惑星の周りを周っている星を衛星と言います。

なので地球の衛星と言えば、月ですね。

木星にも衛星があります。

2009年までに土星には64個の衛星(うち3個は不確実)が発見されています。

その衛星のうち53個に名前が付けられています。例えば、アトラスやプロメテウス、パンドラ、タイタン、エウロパなどです。

今回の話題になったのは、

その衛星の1つで1789年に発見されたのエンケラドス(エンケラドゥス)です。

エンケラドス位置は下の図で確認してください。

エンケラドス位置

 スポンサードリンク

土星の衛星エンケラドス

エンケラドス

土星の衛星エンケラドスは直径500㎞程度の大きさで表面温度は平均で-200°のため、厚い氷に覆われています。

エンケラドスの中心には岩石の核があります。

そして南半球の表面から海底熱水噴出孔という水蒸気が間欠泉のように噴き出している場所があり、2006年に地下に液体の海が存在していることがわかっています。

土星の衛星エンケラドスがもつ生命存在の条件

これまで宇宙に生命が存在する条件と考えられてきたのは、水と炭素と窒素などの元素に光や熱などのエネルギーでした。

これまでの研究で、2007年すでに地下の海の海水には塩や二酸化炭素、アンモニア、や有機物などが存在することはわかっていました。

東京大学などの研究で2015年の発表でエネルギー源となる二酸化ケイ素が確認されました。

これによって生命が存在する可能性がグッと高まりました。

次は実際に衛星を観察して生命を発見できるに期待が高まっています。

 

さて今回は土星の惑星の生命が存在するのか?!ということを書いてきましたがいかがだったでしょうか?

ちなみに土星の別の衛星であるエウロパにも地下海が存在することがわかっています。

こちらかも生命が見つかる可能性が高いのでますます楽しみですね。

人類の長年の夢である地球外生命体が見つかる日も遠くないかもしれませんね。

では、また。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 役満
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

関西在住のアラサーです。

普段見たり聞いたりしたことを、
ちょっと調べて書いていきたいと思います。

記事は不定期で更新するので
気長にお付き合いください。