ドリルすなの新喜劇ギャグで使われる茶色い棒の名前の由来と作り方

スポンサードリンク

みなさんこんにちは。

みなさんは2014年から子供たちの間で大流行している

吉本新喜劇座長のすっちーと吉本に若手の吉田裕のコンビによるギャグ

をご存知でしょうか?

ギャグは知っていても、使われている棒の名前は知らない人が多いのではないでしょうか?

今回はそのギャグで使われるいい音がする棒の名前とその由来、

そして作り方まで紹介したいと思います。

ドリざっぱ

 

ドリルすんのかいせんのかい!の紹介

まず、話題のギャグをご確認ください。

こちらの長~いギャグは名前を間違って覚えている人も多いというか

大半は間違っていると思いますが、

正しくは「ドリルすんのかいせんのかい」です。

(タイトルは文字数の関係でちょっと省略しましたのであしからず)

ちなみにしている芸人の名前は

吉本新喜劇座長の「すっちー」

すっちー

 

吉本の若手芸人「吉田裕(ゆたか)」です。

吉田裕

 

ドリルすんのかいせんのかいで使っている棒の名前

さて「ドリルすんのかいせんのかい」で使われている

棒の名前ですが、あれは通称「どりざっぱ」と呼ばれています。

名前の由来ですが、

新喜劇では、もともとは新聞紙を丸めたものを使って突っ込んでいました。

それを「まきザッパ」と呼んでいます。

ところが 島木譲二さんが「あれは痛すぎる」とのクレーム がありました。

あの人、灰皿で頭バチバチたたいているんですが・・・

それからスタッフがポリエチレンの棒状のものに布を巻いて

やわらかいものをハンドメイドでつくりました。

そのザッパでドリルすることになったので

「ドリザッパ」と呼ぶようになりました。

スポンサードリンク

 

ドリざっぱの作り方

「ドリざっぱ」は先ほど紹介したようにハンドメイドでつくられたもの

なので、商品として販売されていません。

ただ人気になったので、今後発売されるかもしれないですね。

新年会や忘年会シーズンに期待です。

さて、販売を待たずにつくりたいという人は

東急ハンズなどホームセンターに行きましょう。

もともとスタッフも心斎橋で材料を買ったそうです。

まずは円柱のポリエステルを買いましょう。

そこに茶色い布を巻いてぬいましょう。

以上ですが、堅さやしなり具合がいい感じになるかは

難しいようです。

吉本の芸人の「たむけん」も作っていましたが

試行錯誤して、

中の素材をドーナツ状のものにして

その中に別の素材を入れる二層構造にすると

一番よかったようです。

 

さて今回は「ドリルすんのかいせんのかい」について

書いてきましたが、みなさんも自作のドリざっぱを使って

ドリルすんのかいせんのかいを楽しんでください。

関西人じゃなくてもですよ!!

スポンサードリンク

関連記事

  1. 永野一樹
  2. 藤本淳史
  3. コロチキ
  4. じゅんいちダビットソン
  5. おかずクラブ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

関西在住のアラサーです。

普段見たり聞いたりしたことを、
ちょっと調べて書いていきたいと思います。

記事は不定期で更新するので
気長にお付き合いください。