田中英祐投手(ロッテ)の卒論がすごい!出身中学高校や勉強法は?

スポンサードリンク

どうもこんにちは。

あなたは千葉ロッテの投手の田中英祐選手を知っていますか?

京都大学初のプロ野球選手として動向が注目されている選手です。

ロッテ田中英祐

今回はそんな田中投手について書いていきたいと思います。

 

田中英祐のプロフィール

 田中英祐

名前:田中英佑(たなかえいすけ)

出身:兵庫県高砂市

誕生日:1992年4月2日

身長:180㎝

体重:75㎏

 

野球を始めたのは高砂市立米田西小学校4年生のときです。

その後、白陵中学、白陵高校から京都大学工学部工業化学科に進学しました。

そして、

2014年10月23日に行われたプロ野球ドラフト会議で

「千葉ロッテマリーンズ」に2巡目指名を受けました。

契約金7,000万円で年俸1,500万円(金額は推定)でプロ入りを果たしました。

 

田中英佑の卒業論文のテーマ

文武両道を貫いてきた田中投手。

大学でもしっかりと勉強に励んでいました。

ニュースでとりあげられていた

卒業論文のテーマは

「SFA(表面力測定装置)における水和構造の逆計算理論」 です。

ほとんどの人はわからないですよね。

私もわかりません。

他にも高学歴のプロ野球選手はいます。

そこで他のプロ野球選手の卒業論文のテーマを調べてみました。

 

福谷浩司(中日ドラゴンズ)

福谷浩二

慶應義塾卒業論文「球の見づらさ研究」

 

大石達也(西武ライオンズ)

大石達也

早稲田大学卒業論文「東京六大学野球リーグ戦における自身と他投手の配球の比較」

 

青木宣親(サンフランシスコジャイアンツ)

青木宣親

早稲田大学卒業論文「盗塁について」

 

大嶋匠(北海道日本ハムファイターズ)

大嶋匠

早稲田大学卒業論文「野球とソフトボールのバッティング比較」

 

斎藤佑樹(北海道日本ハムファイターズ)

斎藤佑樹

早稲田大学卒業論文「スポーツの地方興行と観客動員の地域の中での経済効果について」

 

これを見るとみなさん野球関係のテーマですね。

田中英佑選手はすごそうだということがわかりました。

 スポンサードリンク

 

田中英佑選手の勉強法

ここまで紹介してきた田中選手ですが、

気になるのは勉強法ではないですか?

どうすれば文武両道を貫けるのか?

ということで勉強法について話している記事を探しました。

高校生の頃の勉強について話しています。

「帰宅後、夕食を食べ日付が変わるころまで勉強。

「この3日間は英語ばかりやろう」という感じで、

集中力が切れるまで同じ教科をやっていました。

引退までは基礎勉強しかしていませんでした。

学校からもそれでいいといわれ、

学校のプリントや一通り網羅した基礎的な参考書、問題集などを解いていました。」

 

ここからは取り立ててすごいことをしていたというわけではないようです。

もともと持っているものがすごかったのでしょう。

田中選手の出身高校は進学校で、

クラスの半分が東京大学か京都大学を目指していたというところです。

周りもすごかったこともあるのかもしれないですね。

 

さて今回は、京大初のプロ野球選手ということで大注目の田中投手について書いてきましたがいかがだったでしょうか?

他のスポーツ選手の記事はこちら

柴崎岳(サッカー日本代表)と大倉忠義(関ジャニ∞)が似ていると話題に!

前園真聖のサッカーの実力と今の年収は?お酒の事件・彼女や結婚も

片岡安祐美の野球の実力は?井上真央に似てる?彼氏と結婚や年収も

阪神タイガース岩本輝(あきら)に注目!

 

今後、プロの世界で活躍していけば新たな記事を更新していきますので、応援していきたいと思います。

あなたも末永く見守ってくれるとうれしいです。

スポンサードリンク

関連記事

  1. 小笠原慎之介投球
  2. 片岡安祐美
  3. BSガールズ
  4. 柴崎岳
  5. 坂口佳穂
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

関西在住のアラサーです。

普段見たり聞いたりしたことを、
ちょっと調べて書いていきたいと思います。

記事は不定期で更新するので
気長にお付き合いください。