ランドセル文化はいつから?由来は日本の軍隊!海外土産で人気に?

スポンサードリンク

みなさんこんにちは。

春になり新年度を迎えるとピカピカのランドセルを背負った小学一年生を見かけることがありますよね。

あの ランドセルっていつからあるの?

ランドセルの起源や由来は ってふいに気になることってありませんか?

今回はそんなランドセルについて書いていきます。

ランドセル

ランドセルの起源は日本の軍隊?

ランドセルはいつからあるのでしょうか?

その起源は江戸時代です。

江戸時代の幕末に幕府が様式の軍隊制度を導入することになりました。

そこで将兵が荷物を収納するために背負うかばんとしてオランダの背嚢(はいのう)を参考にしました。

軍用ランドセル

※背嚢(はいのう)は背負うタイプの長方形のかばんです。

オランダ語で背嚢(はいのう)は「ランセル」に近い発音 です。

それが転じて「ランドセル」と呼ばれるようになりました。

 

ランドセルの文化はいつから?

さて次に小学生がランドセルを背負うという文化はいつからできたのでしょうか?

通学カバンとして使われるようになった 起源は大正天皇 にありました。

明治18年に、皇族が通う学習院初等科が創立されました。

学習院初等科

明治20年には当時の皇太子だった大正天皇が学習院に入学されました。

そのときにお祝い品として伊藤博文が帝国陸軍のかばんを模したかばんを献上しました。

これ以降、小学生たちに通学カバンとして普及していったそうです。

 スポンサードリンク

ランドセルが海外で人気!

さて日本では小学生の必需品として使われているランドセルですが海外ではどうなのでしょうか?

このようなランドセルを使うというのは日本独自の文化のようです。

しかし今やランドセルが海外で別の意味で広まっています。

それは大人のファッションの一部として取り入れられているのです。

大人が背負っている画像がこちら。

 ランドセル大人

日本だと一部の人の萌えポイントになりそうですが、アメリカのハリウッドなどでは海外セレブが愛用していたりするようです。

日本でも宝飾がほどこされた100万円以上するランドセルが販売されていたりしますしね・・・。

ランドセルで100万円って、すぐに誘拐されますよと思うのは私だけでしょうか?

 

そんな高級な物ではなくてもかばんとして海外からの観光客がお土産として買っていくそうです。

日本では当たり前のことが海外では珍しいなんてことがあるからです。

ちなみに ランドセルの修理の保証期間って一般的にどれくらいか知っていますか?

そうですね。

小学校卒業までなので6年間ですね。

これってよく考えると外国人だけでなく日本人でも信じられないことですよね。

修理保証が6年間ってなかなかないですよね。

こんなところが外国人には驚きらしいです。

みなさんも外国人に日本のお土産を紹介するときにはランドセルを紹介してみてはいかがでしょうか?

 

さて、今回はランドセルについて書いてきましたがいかがだったでしょうか?

他にも雑学の記事を書いていますのでこちらもどうぞ。

姫路城が白すぎる理由は?井戸の伝説って何?

兵庫県のある「ゆるキャラ」がグロすぎで怖すぎ!

 

では、この辺で失礼します。

スポンサードリンク

関連記事

  1. ガリガリ君の歯磨き粉
  2. 終活
  3. 筋肉痛の原因
  4. ミジンコ
  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

プロフィール

関西在住のアラサーです。

普段見たり聞いたりしたことを、
ちょっと調べて書いていきたいと思います。

記事は不定期で更新するので
気長にお付き合いください。